よっぱらいたーの気まぐれつづり

よっぱらいたーがつづる、ちょっと健康ブログ

夏プール

障がい者への優しい配慮

昨日は、ろう重複障がい者青年部のボランティアで八王子の東京サマーランドへ。

f:id:hito-hana:20160711093112j:plain

普通にチケットを買うと、かなりお高いらしいけれども、

障がい者手帳持参で、本人と付き添い1名が1500円になったのだそう。

数年前までは、演芸場のようになっていて、

とお〜い昔、高校生演歌歌手のデビュー本の執筆に携わったときに、

その演歌歌手のショーに同行したこともある2階大広間は休憩室に変わっていて、

事前予約で、団体専用のスペースを確保できたとのこと。

大広間へまでは、スタッフさんの1人が、ご案内ナビゲーター。

そして、別の障がい者NPO団体とは、1列あけて、

我々のグループの場所にしてくれたという配慮。

f:id:hito-hana:20160711093125j:plain

ワッチが担当した30歳女性は、流れるプールで流れて、

ジャグジーで全身浴&半身浴をして、

浅い子ども用プールで、浮き輪でプカプカして、

食堂でラーメンを、大広間でデザートのチョコサンデーと氷いちごを食べて

午後は大広間でゴロゴロ。

以前は、暑い、あつ〜い、屋内プールのサイドスペースを

荷物置き場の拠点にしていただけに、涼しい大広間には感謝!

障がい者の住み良い社会は実現するのか?

夏プールを楽しんでいる間に人々は投票へ。

もちろん、期日前投票をすませていたけれども、個人的には、残念な結果?

プールに参加したろう重複障がい者の多くが学童期に通っていた、

立川ろう学校で何度か姿を見たこともある今井絵理子さんは当選。

なんで自民党から出たのだろう?という個人的疑問もある中での当選。

会見で手話を使っていたのは嬉しいことだけれども、

今後、どんな障がい者支援に力を入れてくれるのだろうか?