読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よっぱらいたーの気まぐれつづり

よっぱらいたーがつづる、ちょっと健康ブログ

笑う映画VS泣く映画

映画『高台家の人々』で涙、なみだ

友だちが映画『殿、利息でござる』は、笑えて、泣いた。

(これはまったく同感!)

でも、『高台家の人々』は笑っただけ。

と言ったので、笑う気満々で映画館へ。

確かに、クスッと笑えるシーン多々だったけれども、

笑ったよりも、ずーっと泣いていたというのが実感。

かりに大多数の人をフツーの人、一般人とみなすなら

少数派=マイノリティーである

テレパス兄弟、妹、祖母や妄想癖のある主人公の

切なさが伝わってきたからだろうか?

ボランティアでつきあっている

ろう重複障がい児&者もごくごく数の少ないマイノリティー。

自らの感覚だけでは、たぶん味わえそうもない

多くの感動をマイノリティーなかまも、常々与えてくれます!